浮気調査の探偵事務所はここがおすすめ!

浮気調査を第三者に任せるべき理由

浮気調査を第三者に任せるべき理由は冷静でいることが難しくなってしまうかも知れません。
貴方自身が大丈夫だと信じていても、いざ自身の目で浮気現場をみてしまうと逆上してしまったという例がこれまでに多くありました。
貴方自身のためにも、証拠を掴む可能性を高めるためにも、専門家である探偵に依頼するべきでしょう。
浮気調査に対して探偵に払う費用は2つに分けられ、「実費」と「時間給」になります。
実費に含まれるのは、電車やバスなどの交通費、フイルムや現像料などをいいますが、調査時の食事にかかった代金がプラスされることも少なくありません。
一方、時間給の方は、調査員の数×調査を行った時間で、費用を算出します。
浮気調査を行う期間が短ければ請求金額も少ないです。
慣れないことを自分でやるよりは、専門家である探偵に浮気調査を依頼しましょう。
専門家である探偵にお願いすると、欲しい浮気の証拠がつかめます。
自分で手を尽くして調べてみても、浮気しているということはすぐに調べがつきます。
しかし、相手を責めたてても頑として浮気してない、と言い張ったら、有利な条件を引き出して離婚することは不可能です。
有利に離婚するためにも、確かな証拠が必要です。
結婚相手が不倫をしているかを調べるのを探偵にお願いする時、一般的に、浮気調査にあたる人数や調査期間を契約を交わす前に取り決めます。
探偵は1万円以上の時給が相場と言われており、調査が長期になれば調査料金が高くなります。
興信所などによって、使っている用具や調査する人の力量には差異がありますので、口コミなども調査した方が良いかと思います。
もし、密会の曜日や時間がわかっているのでしたら、調査期間は短くなりますので、調査費用のお財布への負担を減らせるのです。
そうはいっても、浮気をしているときがわかっていたとしても、見知っている人にお願いして写真を撮ってくれることになっても、多くが失敗するに違いありません。
知られずに証拠写真を手に入れるには探偵を雇うのが賢明でしょう。
追跡グッズという探偵が使うものは 自分自身で買えるのかと言われたら購入できます。
通常は、追跡グッズはGPS端末を用いるというケースがほとんどですが、これはどんな人でもインターネット等で買うことができます。
車に載せているのをよく見るGPS端末は、車の盗難時に備えてつけておくものなので、いかなる人でも買えるのは当たり前です。
変わりはほとんど無いと言っても良いでしょう。
両方とも、浮気調査から身辺調査、仕事内容は類似しています。
しかし、どちらかを選ぶとしたら企業や団体は興信所に、探偵は個人向けのようです。
探偵を頼むにはお金が掛かりますから、自分で尾行してしまえと思う奥さんもいるみたいです。
テレビのドラマでは何気なく尾行してますけど、現実とフィクションは違うもので、失敗してしまえば尾行は完遂できなくなるので楽なことではないといえます。
気付かれてしまえば相手も対策をとるので、浮気をウヤムヤにされてしまう場合だってあります。
相手の行動を見逃さないためには、その道の専門家にちゃんとお願いして、しっかり浮気を調べたほうがいいと思います。
不倫をされてしまったら、あなたの夫または妻、そしてその不倫相手に慰謝料を請求できます。
ただし、配偶者が不倫をする前から、夫婦としての会話がない、いわゆる家庭内別居というような状態であったり、もはや夫婦とは呼べない状態だったときは、慰謝料を請求することができません。
慰謝料の額は、いかに精神的に苦しかったか、年齢や結婚してからどのくらい経つかなど全体的にみて裁判官が判断します。
成功報酬の難しいところは、例えば、調査内容が浮気についてだった場合には、調査期間が3日間だったとしてその3日間だけ浮気をしていなければ調査は成功ということになるでしょう。
実際のところは不明確であっても、3日の間に浮気が発覚しなければ、配偶者の浮気の有無をはっきりさせることができないまま、調査についてはそこで完了し、成功報酬として料金を支払うのです。

浮気調査を探偵に依頼する

探偵の仕事は依頼された調査を行えばそれだけでいい訳ではありません。
浮気しているかどうかを調査すると、トラブルが発生する可能性があります。
そんな状況になった時に、依頼者の立場を一番最初に考えてくれる探偵が信用できる探偵ということです。
探偵が信用できるか否かは、どのような対応をしてくるのかなどでよく考えて判断するようにしてください。
浮気の調査をするときには、調査にはどれだけの人数が必要なのかというと、どのような調査が行われるかにもよりますが、ただ、浮気がまだ推測の段階であるケースでは、浮気をしているかの確認を調査員1人ですることが多くなります。
浮気が現実であると判明したら、もう一度計画を練り直して調査員の数や方法など進むべき方向を決めます。
探偵事務所調査を依頼し、浮気の証拠を掴む事が可能です。
配偶者が浮気をしているのではないかという疑いをもった場合、最初は自分でなんとかしようとすると思います。
ですが、自分だけで浮気の決定敵な証拠を収集しようと思っても、自分の行動が相手に見つかってしまう可能性が高いです。
はっきり言ってその理由は、相手があなたの顔を知っているからです。
時間単位での尾行料金が設定されている場合、探偵の尾行にかかる時間が短い方が、費用が少なくなります。
よって、探偵に尾行依頼をするなら、日頃のパートナーの行動パターンを調べておくことが重要です。
そこで一番おかしな行動をする時間帯や曜日に尾行をしてもらうと、探偵にも余計な手間をかけずに済み、お互いのメリットとなります。
浮気をしているかどうかを調べるのに探偵事務所を使って成功報酬で頼めば得になるかと言えばケースバイケースでそうでないこともあります。
成功報酬の条件では結果として不成功となった場合、お金を払わなくても済むので頼んだ方が得をするようなイメージを持つかもしれません。
ですから、成功報酬というシステムの探偵事務所のみを、見つけている人もいるのです。
浮気調査を頼んだとして、調査の期間はどれぐらいかというと、平均で3~4日かかるといわれています。
しかしこれはあくまでも一般的なケースです。
パートナーがとても慎重な性格だとなかなか証拠がつかめなくて、場合によっては1週間から1か月くらいかかってしまうこともあることも覚悟してください。
逆に、怪しい日がもう分かっているなら、1日で十分な証拠が集まることもあります。
探偵事務所を探す方法としては、利用者による口コミを調べると安心です。
当然、依頼を検討している探偵事務所のHPに記載された口コミを見るのではなく、全然関連のない掲示板や専門の相談サイトに記載されている口コミを確認するのがお勧めです。
その探偵事務所が管轄していない口コミの方が、比較にならないくらい信頼できる情報と言えます。

浮気調査でわかること

日々、相手の生活の様子を目を配っておくのは他人に頼まなくても可能ですが、言い逃れのできないような浮気の証拠を入手するためには、やはり、しっかりノウハウを持ったプロの探偵に頼んだ方がトラブルなく、確実に結果が得られます。
それに、探偵にお願いすれば、単に、浮気の証拠を入手するだけではなく、状況に応じたアドバイスももらうことができるのです。
本人に気づかれないようにして、客観的に浮気の証拠となるものをつかむには、必要とされる技術および機材があります。
浮気の現場をしっかり撮ったつもりでも、露出が足りず、誰の顔かはっきり見分けられないのでは証拠にならないのは仕方の無いことです。
浮気を探偵に調査してもらうなら、超小型のカメラを用意するなどして相手にバレないように客観的な証拠を撮影してくれます。
成功報酬制の料金体系を設定している探偵事務所は、調査に成功したケースでしか調査料金が発生しないという不安要素があるため、成功した場合の料金が割高に設定されています。
その結果として、成功報酬の方が、浮気調査にかかる費用が安くなるとは言い切れません。
実際の調査能力などもチェックして、料金システムに関して不安がない探偵事務所に依頼することが重要なのです。
探偵の浮気調査の場合でも時には失敗することもあります。
探偵が浮気調査に精通しているといっても、失敗することがありえます。
パートナーが急に車を使ったり、電車に乗ったり、尾行がばれることもあるでしょう。
それか、浮気調査期間中に不倫相手と接触しない場合には証拠写真も撮れません。
今までと違った格好をするようになったら、危ない予兆です。
浮気相手の趣味に合わせたものであったり、ちょっとだとしてもセンスの良いところを見せようとしたりしている可能性も高いです。
ある日から、服装が年相応でない色や柄のものをチョイスしてきたら、かなり浮気の恐れがあります。
服の中でも、きれいな下着をつけるようになった時、浮気をしているかもしれません。
一般に、探偵が尾行するのにいくらくらいかかるかと言うと、何人の調査員が動くかにもよりますが、相場としては、1時間で1万円から3万円が目安です。
もちろん、調査員が1人なら安く、増えれば増えるほど高くなります。
また、尾行する際に車やバイクで移動すると、交通費や車両費といった名目で別途請求があがってくることがありますので、要確認です。
コミュニティ型のWebサイトを通じて浮気の事実が明るみになることもあります。
SNSは名前を伏せて利用している事もあるので注意不足で相手が、プライベートを事細かに書いてしまう事が多発しているように思われます。
場合によっては、浮気を裏付けるような記載をネットにアップしてしまう事もあるのです。
アカウントを認識しているのなら読んでみて下さい。
浮気調査をプロの探偵に依頼して証拠を掴むことができても離婚した方がいいと、簡単には言えないものです。
子供がいるご夫婦の場合は特に浮気が疑惑ではなく確実なものになったからといって離婚というものはそう簡単なものではありません。
養育費を請求できたところで貰える額は少ないですし、来月、来月、と先延ばしにされて支払われないこともありますから、女手一つで育てるのは容易なことではありません。
男手一つで育てることも、また同様に仕事をしながら両立させることはそう簡単ではないでしょう。

浮気調査で尾行するのはプロがいい

GPS端末は、車の目に触れないところに装着して、移動の様子を常時監視し、現在地を把握したり、記録したデータを後から取り出して分析することもできます。
移動手段に、車を使わない人の場合は、普段持ち歩くものの中にGPS端末を隠しておけばよいのです。
これで相手がどこをどう移動して、どのくらいの時間を過ごしたのかも把握できます。
浮気調査の第一段階ですべき事は、本当に相手が浮気しているかの調査です。
浮気しているか否かが不明瞭な場合は改めて、調査を続行するか否か決めなければなりません。
もしも浮気が確かなこととなれば、次は不倫相手を調査となります。
主にパートナーの尾行を中心として、些細な痕跡も見逃さぬよう様々な方法で、パートナーと不実を働いている相手を証拠として押さえるのです。
GPS装置を用い、良く行く場所を調べて、その近所をウロウロしていれば、必ず相手はやってくるはずなので、浮気の証拠をつかむことができると思われます。
依頼するお金が無い場合には、GPSの機械で所在を調べるのも、やってみて損はないと思われます。
位置がわかる機械が仕込まれていることがバレてしまい、追及される種になることもあります。
離婚を覚悟の上で、たくさんの慰謝料を取ってやりたいと思うなら、浮気現場に踏み込む方法を取ってもいいです。
その場合でも、自分だけで乗り込むというのは揉める元なので、避けるのが賢明です。
あなたが信頼する人と一緒に行けば、頭に血が上って事態を悪化させることがないでしょう。
信じて頼れるような人がいないなら、探偵に依頼するという方法があります。
食事をした際の請求書には定食の数から一緒にいた人の数が推測できてしまうように印字されている事がありますから、浮気の動かぬ証拠となるでしょう。
さらに、クレジットカード使用時の支出については月ごとに点検するようにします。
仕事で使ったにもかかわらずビジネスホテルではなかったり、一人で宿泊したにしては高い宿泊費だったりしたら、誰かほかの人と一緒にいたおそれがあります。